ソニーブラビアSシリーズとVシリーズの違い

sony_bravia_v_amazonソニーブラビアSシリーズvsVシリーズ

ソニーのブラビアテレビは、非常にハイエンドで、多くの場合非常に高価格であることでよく知られています。 SシリーズとVシリーズでは、これら2つのHDTVラインの違いについて人々はかなり混乱しています。答えは、画面が生成できる色にあります。ソニーは、Vシリーズが特別に強化されているため、Sシリーズのテレビにはない機能である、本物そっくりのはるかに優れた色を生成できると主張しています。

ソニーは、この色の向上は、これらの本物そっくりの色を作成するために連携する3つの要因によって達成されると主張しています。 1つ目は、WCG-CCFL(Wide Color Gamut ‘“ Cold Cathode Fluorescent Lamps)バックライトを使用して、通常のCCFlと比較してはるかに広い色域の光を提供することです。 Vシリーズセットは、WCG-CCFLと非常によく機能する別の種類のカラーフィルターを使用して、色の再現をさらに強化するとも言われています。このメカニズムの最後のコンポーネントはブラビアエンジンです。これは、画面内の各ピクセルの正しい色を解読するために、HD信号をデコードして処理する電子回路です。これら3つが連携することで、VシリーズはSシリーズや他のどのシリーズよりも鮮やかなより良い色を生み出すことができます。HDTV利用可能なセット。



VシリーズモデルはSシリーズよりも高価であるため、最も簡単に識別できる違いは値札の違いです。一部の人々は、2つの違いがより多くの現金を使う価値があるかどうかさえ疑問に思っています。確かに、これはブラビアVシリーズのライブカラー作成機能の価値に関しては主観的な問題です。そのため、SシリーズまたはVシリーズのブラビアを決定して購入するときは、店に出かけて、販売員にこれらを並べて実行するように依頼する必要があります。そうして初めて、Vシリーズがどれだけ優れているかを確認し、追加のお金の価値があるかどうかを判断できます。

概要:
1.ソニーがVシリーズがSシリーズよりもはるかに良い色を再現すると主張していることを除いて、それらは基本的に同じです
2.Sシリーズは標準バックライト、VシリーズはWCG-CCFLバックライトを使用
3.ソニーはまた、WCG-CCFLで非常にうまく機能するVシリーズの異なる種類のカラーフィルターを使用しました
4.VシリーズはSシリーズよりも高価です