安定狭心症と不安定狭心症の違い

狭心症は、心臓への血流の減少に起因する胸痛の一種です。

安定狭心症とは何ですか?

身体運動または感情的なストレス、胸骨の後ろ(中央または左端)に圧迫または収縮の痛みが現れます。多くの場合、痛みは手、首、下顎に広がっています。痛みは数分間続きます。肉体的努力を中止するか、舌の下でニトログリセリンを服用した後(2〜3分以内)、すぐに通過します。



ザ・狭心症は安定しています発作が1か月以上現れ、痛みの主な特徴に有意な変化がない場合。

ほとんどの場合、安定狭心症の理由は、安定したプラークを伴う狭窄性冠状動脈アテローム性動脈硬化症です。比較的まれな原因は、冠状動脈炎、先天性冠状動脈異常、冠状動脈の筋肉の橋です。

安定狭心症の発作の間、患者は青白いまたは赤く、不安であるかもしれないが、中等度の頻脈を伴う、しばしば汗をかく動きを避けている。多くの場合、痛みの前に血圧が上昇します。交互の脈拍と収縮前の、まれに拡張期または総和のギャロップがあるかもしれません。

虚血の影響を受けた領域の機能状態の障害は、心エコー検査、心音図、特に心臓カテーテル検査と同位体検査による。

安定狭心症は、長期間同じように現れます–発作は、特定の挑発的な瞬間に発生し、短期間のものです。虚血性心疾患の他の症状は見当たらず、状態は変化しません。

安定狭心症には、食後の痛みと夜間の痛みが含まれます。それらは一般に、より進行した重度の冠状動脈アテローム性動脈硬化症の発現ですが、特定の期間にわたって進行することはありません。

安定狭心症の診断では、症状が非定型であるだけでなく、一貫性がなく、強度が変化している可能性があることに留意する必要があります。患者の病歴とモニタリングは、診断にとって依然として重要です。運動中の心電図(ECG)は重要な補足方法です。冠動脈造影は通常行われません。

狭心症は、大動脈弁狭窄症や機能不全、特発性肥大型心筋症、冠状動脈疾患などの一部の心臓病でも発生する可能性があります。同様の痛みは、心膜炎、肺塞栓症、および肺高血圧症でも発生する可能性があります。

不安定狭心症とは何ですか?

発作の場合、狭心症は不安定であると見なされます。

  • 最近開始しました(4〜6週間前)。
  • より少ない挑発で、または自発的に発生します。安静時に;
  • 安定狭心症のものより長くて強い;
  • 心臓発作を引き起こす可能性があります。

発作は、進行性の冠状動脈アテローム性動脈硬化症の発現です。不安定狭心症には、病因、予後、および心臓発作のリスクが異なる臨床的変異が含まれます。

  1. 最近発生した狭心症–初めてまたは再び、しかし長い痛みのない期間の後。
  2. 安定狭心症は不安定狭心症になります。
  3. 自発性狭心症–発作(最近初めてまたは安定狭心症の背景に現れた)は、挑発することなく安静時に発生し、より長く持続し、より強くなります。

異なるフォームの開発は異なる場合があります。短期間のすべての形態の後に、心筋梗塞または安定狭心症が続く可能性があります。発作が止まる可能性さえあります。予後は、最近発生した狭心症で比較的楽観的であり、特に48時間の休息と治療の後に発作が終わらない場合、発作がより重篤になるその変化する形態(安定狭心症から不安定狭心症へ)で著しく深刻です。自発的不安定狭心症では、予後はさらに深刻です。

不安定狭心症のすべての形態の発作は、一般的な狭心症と心筋梗塞の間の何でもあり得る。臨床的には、壊死が証明されたとき、その症例はすでに心臓発作のカテゴリーにあります。

不安定狭心症の発作では、心筋の患部の機能状態と心臓内の血行動態に著しい変化があります–壁運動低下、より短い分泌期間、脳卒中指数の著しい低下、内圧の上昇対応する臨床的および準臨床的徴候を伴う左心室。

不安定狭心症の発作中に撮影されたECGは、発作後数時間から数日間持続する変化を頻繁に示します。ST部分の低下と虚血性T波ですが、QRSは変化しません。

不安定狭心症の場合、運動時の心電図は禁忌です。冠動脈造影が推奨されます。

変化がない場合もありますが、ほとんどの場合、1〜3血管に変化があり、左主冠状動脈の狭窄が見られます。冠動脈造影による正常な結果の頻度は約10%です。

安定狭心症と不安定狭心症の違い

定義

安定狭心症:狭心症は、発作が身体運動または精神的ストレスに現れた場合、1か月以上安定しており、痛みの主な特徴に大きな変化はありません。

不安定狭心症:発作が最近始まったとき、狭心症は不安定であると見なされ、より少ない挑発または自発的に発生し、安定狭心症よりも長くて強い。

胸痛

安定狭心症:痛みは、肉体的運動または精神的ストレスで発生します。それは2-5分続きます。

不安定狭心症:痛みは安静時に起こります。それは10分以上続きます。

病理学

安定狭心症:動脈の固定狭窄による虚血、心臓への血液供給。

不安定狭心症:動脈の動的閉塞による虚血。心臓に血液を供給し、けいれんと血栓症が重なったプラークの破裂に起因します。

予測可能性

安定狭心症:発作は、身体運動や精神的ストレスに関連しているため、しばしば予測可能です。

不安定狭心症:発作は予測できません。

処理

安定狭心症:肉体的努力の中止または舌の下でのニトログリセリンの服用後、痛みはすぐに消えます。

不安定狭心症:心筋梗塞や心停止のリスクがあるため、緊急治療が必要です。

診断

安定狭心症:運動中のECGは重要な方法です。冠動脈造影は通常行われません。

不安定狭心症:運動時のECGは禁忌です。冠動脈造影が推奨されます。

ECG

安定狭心症:ECGはしばしば正常です。

不安定狭心症:ECGは頻繁に変化を示します– STセグメント低下と虚血性T波ですが、QRSの変化はありません。

これは、安定狭心症と不安定狭心症の違いを示す比較チャートです。

安定狭心症と不安定狭心症

安定狭心症と不安定狭心症の要約

  • 狭心症は、心臓への血流の減少に起因する胸痛の一種です。
  • 狭心症は、発作が身体運動または精神的ストレスに現れた場合、1か月以上安定しており、痛みの主な特徴に大きな変化はありません。
  • 発作が最近始まったとき、狭心症は不安定であると見なされ、より少ない挑発または自発的に発生し、安定狭心症よりも長くて強い。
  • 安定狭心症の痛みは、身体運動または精神的ストレスで発生します。不安定狭心症では、安静時に痛みが生じます。
  • 安定狭心症の痛みは2〜5分続き、不安定狭心症では10分以上続きます。
  • 安定狭心症の虚血は、心臓に血液を供給する動脈の固定狭窄によるものです。不安定狭心症では、虚血はこれらの動脈の動的閉塞によるものであり、けいれんと血栓症が重なったプラークの破裂に起因します。
  • 安定狭心症の発作はしばしば予測可能ですが、不安定狭心症の発作は予測できません。
  • 安定狭心症では、肉体的努力を中止するか、舌の下でニトログリセリンを服用した後、痛みはすぐに消えます。不安定狭心症には緊急治療が必要です。
  • 安定狭心症では、運動中の心電図は重要な補足方法です。冠動脈造影は通常行われません。不安定狭心症では、運動時の心電図は禁忌です。冠動脈造影が推奨されます。
  • 安定狭心症のECGはしばしば正常ですが、不安定狭心症ではECGは頻繁に変化を示します。